キレイに焼いて小麦肌の魅力UP!小麦肌は元気なイメージで、明るい印象を与えるようです!

小麦肌女性の魅力とは?

小麦色の肌の女性は、健康的で活動的な印象があり、
海外のセレブの間では、裕福であるというイメージの、ステータスシンボルでもあります。
小麦色の肌は、実は皮膚を守るという保護の役割もあります。


小麦色の肌は健康的なイメージ
小麦色の肌の女性のイメージは健康的、アクティブという印象があり、 アウトドアでの活動などが好きな男性の多くは小麦色の肌の女性が好みという人が多くいます。

紫外線による害が知られるようになり、日焼けすることを異常に気に掛ける女性も多くいますが
アウトドアでのスポーツや、外出にも異常に気遣うと、デートの楽しい気分も半減してしまいます。

少しくらいの日焼けくらい平気と言わんばかりに、元気ではつらつとしている方が楽しい外出になることも事実です。


海外セレブでは常識の小麦色の肌
海外のセレブを見ていると、ほとんどの人がきれいな小麦色の肌をしています。 日本では色白が良いような印象ですが、海外では色白は不健康な印象です。
スポーティーなファッションが好きならば小麦肌は必須です。
色白にミニスカートでは、娼婦のような印象がするのだそうです。

海外セレブは、バカンスを楽しみ南の島やスキー場などのバカンス地に行き、世界中を飛び回って、
テニスやスキーマリンスポーツを楽しんでいます。
ブロンズ色の肌が、肉体労働者の印象ではなく、
スポーツやバカンスを楽しむだけのお金や余裕のあるリッチな印象となっているのです。

ただ小麦色の肌というのではなく、トレーニングされた引き締まった小麦色の肌をめざし
当然のようにシミなどがない美肌である必要がありますが、色白に比べると、引き締まって見えます。

セレブのステータスシンボルとでもいうような感覚の小麦色の肌とトレーニングした引き締まった体作りに
多くの人はスポーツジムに通っています。


ビーチ



紫外線の働き
紫外線が有害であることが良く知られるようになり、女性に大敵のシミやくすみの原因になることから今更日焼けはと思う人もおり、 紫外線を100パーセント浴びないようにするために過剰な保護をする女性などもいます。
紫外線には皮膚がんを作るという問題もありますが、紫外線には大切な良い働きもあります。

紫外線には殺菌効果があり、紫外線を利用した殺菌装置などもあります。
骨を形成することに欠かせないビタミンDは、紫外線によって形成されます。
日照時間の少ない地方に住む住民には、骨がもろくなる病気、骨軟化症などがあるのはビタミンDの不足から来ています。
骨を丈夫にするためには、紫外線に当たることが必要です。
いくらカルシウムを摂っても、カルシウムは吸収しにくい栄養素で、腸内でビタミンDが不足していると吸収されません。
カルシウム不足は、イライラを起こすことにもなります。

その他の働きとしてビタミンDは、免疫機能を高め、運動能力を高めます。
細胞に活力を与え、血行促進効果もあります。

ダイエット中にビタミンDレベルが高いほど代謝が促進されることから減量の効果があることがわかっています。

紫外線の「UVA」と「UVB」



メラニン色素の働き
シミの原因になるということで悪者にされているメラニン色素ですが、紫外線から守るという重要な役割をしています。
メラニンが形成されることで小麦色の肌になります。
メラニン色素がないと、紫外線が真皮にまで簡単に到達し、細胞を傷つけることがわかっています。
また表皮も、ちょっと日に当たってしまうだけでも、火ぶくれのようになります。

小麦色の肌では、メラニン色素がバリアーとして働き、真皮を守ります。

メラニン生成の仕組みは、表皮の基底層にあるメラノサイトという細胞が紫外線の刺激を受けることで反応し、
メラニン色素を作ります。
紫外線があたると、情報伝達物質の、メラノサイト刺激ホルモンなどが分泌されメラニン色素をを作るように指令を出します。
活性酸素が、紫外線により発生します。

チロシナーゼという酵素がはたらき、活性酸素を分解しメラノサイトはこれを材料に吸収分解しメラニン色素を作ります。
この状態で紫外線をブロックする機能ができます。

色白の肌で、急に紫外線に当たると、メラニンの形成が間に合わない場合があります。
そのため、色白の場合には、肌にダメージを与えるため、赤い炎症を起こします。

日焼けをするにも注意が必要

小麦色の肌にするためには、同じ日焼けをするにもケアをしながら美肌の小麦色の肌にするために、
日焼け用のオイルなどを塗ることが必要です。

一気に日焼けするのはNG!