目を紫外線から守るためにUVカット使用のサングラスを身に付けるようにしましょう。

目の日焼け

夏が近づき日差しが暑くなると多くの人は肌への紫外線対策として日焼け止めを使用しますよね。
しかし、日焼けをするのは肌だけではありません。実は「目」も日焼けをするのです。肌と同じように目の紫外線対策を行っている人は少ないのではないでしょうか?
そこでここでは目の日焼けとはどのようなものなのか、目の日焼け対策とはどのようなものなのかをご紹介します。

 

目の日焼けってどんなもの?

目の日焼けによる影響は?

目の日焼けは肌が日焼けしたときのように黒くなったり皮がむけたり、などといった症状はありません。そのため皆目の日焼け対策を怠りがちなのです。

では目の日焼けとはどのようなものなのでしょうか?
肌の日焼けが起こるメカニズムと同様、目に紫外線を受けてしまうと脳が反応して体内からメラニン色素を出してしまい、肌にシミやソバカスが出来てしまいます。要するに、どんなに肌に対して日焼け止めなどを塗ったり日傘を使うなどの紫外線対策を行っていたりしたとしても、目の紫外線対策を怠っていると効果がなくなってしまう可能性があるのです。
目に紫外線を受けて起こるダメージはこれだけではありません。
目の角膜に紫外線が当たると炎症を起こしてしまい、目に痛みを起こし、目が充血するという症状を起こします。
事実、目の紫外線ケアを行わず、このような症状に悩まされた方も多いのではないでしょうか?
この症状を放置して更に角膜に紫外線を浴びてダメージを蓄積してしまうと、白内障など重度の目の病気を起こしてしまうこともあるので注意が必要です。
目の日焼けが起きるのは夏場だけではありません。日差しの強いときやスキー場などでもきちんと目の紫外線対策を行うようにしましょう。

 

目の日焼け対策とは

目を紫外線から守る一番のアイテムはやはり「サングラス」です。サングラスの中でも紫外線を通さないUVカット使用のものを身に付けるようにしましょう。また、サングラスの隙間から紫外線が入り込まないように自分の顔にきちんとフィットしているものを選ぶ事が大切です。また、サングラスだけでなく頭部のほうから紫外線が入り込まないように、つばの大きな帽子や日傘を併用する事をおすすめします。
サングラスや帽子などで目に紫外線を受けないようにしていても、目がダメージを受けてしまう可能性があります。
そのため、そのダメージをきちんとケアすることも大切です。目のケアには目薬を使用するようにしましょう。角膜のダメージを修復するビタミンB2や角膜を保護するコンドロイチンなどの成分が配合されているものがおすすめです。目薬を購入するときには成分表をきちんと確認するようにしましょう。