色白の人が日焼けすると、真皮の細胞にも影響を与えるので、しわなどの肌の老化現象を招きます。

色白の人は少し注意が必要

海外のセレブに小麦肌が多いのは、いわゆる、ないものねだりという感覚があります。
もともと、白人で白い肌の人は、日に焼けた肌をうらやむという感覚もあるようです。

でも、上手に日焼けをしていない白人女性では
しみだらけ、しわの増えた年齢よりも老けた印象になっている人も実はいます。

黄色人種の日本人でももともと色白のひとや、敏感肌など、各個人もともと肌の性質は違います。
色白の肌の場合、小麦色の肌に焼くときには特に注意する必要があります。



日焼けして赤くなる色白タイプ
同じように日焼けをしても、すぐに黒くなるタイプの人と赤くなって黒くならないタイプがあります。 色白の人は赤くなって黒くなりにくい傾向になります。

日焼けで小麦色の肌になりやすい人
紫外線防止能力が高く、メラノサイトが活発に働き、
紫外線の刺激を受けてメラニン色素を作り出し、肌にバリアー機能を作り真皮などの細胞の破壊なども防御する力の強い肌です。

日焼けで赤くなるタイプの人
紫外線の刺激にメラノサイトが反応しにくいため、バリアー機能作り出すことができず炎症をおこし、
日焼けでも、火傷状態に近い状態の為赤くなってしまいます。
皮膚のバリアーとして、メラニンの形成ができていないため、真皮の細胞にも影響を与え肌の老化現象を招き、
しわなどができてしまいます。
また表皮に炎症を起こす紫外線は、皮膚がんの原因にもなりますが、赤くなりやすい人が皮膚がんにもかかりやすい
ということになります。




色白の人がきれいな小麦色の肌を手に入れるために
小麦色になるために日焼けをする場合に、色白で、赤くなるタイプの場合にはとくに一度に焼くことはしないようにします。
必ず日焼け用のオイルを塗り、保湿を行いながら日焼けをしますが、少し赤くなったら日焼けをストップし、
衣類などでカバーします。

火照った肌を十分冷やしながら、日焼けをします。
真っ赤になってひりひりしているならば、すでに炎症を起こしているということですので少し赤いくらいで、
日焼けはストップします。日焼けの最中も、汗などで取れることも考え、日焼け用のオイルをこまめに付け直す必要があります。

とにかく一度で焼くということは、決して考えないことです。
水着などで焼くときには、肩など日焼けしやすい所には十分気を付け
体全体に、日焼けオイルを塗っておき忘れがちな耳のところにもぬります。




日焼け後のアフターケアも大切
日焼け後も、火照った肌を十分冷やし、濡れタオル、冷水シャワーなどに当たるようにします。 日焼けによる炎症は、火傷と同じですので、焼きすぎないことが大切です。

充分冷やした肌に、普段使用している化粧水ではない、抗炎症作用のある日焼け後専用の化粧水や、ジェルなどを
体全体日焼けをしたところに使い、充分保湿しておきます。
日焼け後の肌は、何時もよりも敏感で、乾燥しやすくなっていますいので普段のお手入れよりも気を付けて保湿するようにします。