日焼けしすぎた…そんな日は抗酸化作用たっぷりの野菜や果物を食べよう!

日焼けした時に摂取したい食べ物

ある程度日焼けをすることで理想の肌色を目指す女性の方々は数多くいます。
しかし、日焼け後は特に食生活を気にしておかないと、体に悪影響を及ぼす可能性もあるのです。

では、日焼けをすることでどのような悪影響が懸念されるのでしょうか。


日焼けによるダメージ
日焼けには紫外線が含まれています。その紫外線を浴びると、体内で活性酸素が発生するのです。
この活性酸素の発生が多くなってくると、動脈硬化やその他の生活習慣病をはじめとして、肌にシワやシミが現れるなど、老化現象も発生してしまうのです。
活性酸素は日々の生活の中で必ず発生するものですが、その発生量が多すぎると病気になる可能性が高まるため、何とかして発生を抑えるための努力が必要になってくるのです。


抗酸化作用について
活性酸素を減らすために有効な機能が、抗酸化作用です。
そのため、抗酸化作用を含む食べ物を多く食べることで、活性酸素から自分の体を守ることへとつながるのです。
抗酸化作用を含む食べ物は多く存在しているため、日頃の食生活の中で手軽に補えることが特徴となっています。


抗酸化作用を含む食べ物
抗酸化に効果がある成分としてはじめに挙げられるのが、ビタミンAです。
ビタミンAを多く含む食べ物は、トマトやニンジン、カボチャなどの野菜類です。
どれも手軽に入手できる食べ物ばかりであることが特徴です。

また、日焼けをする以上はメラニンが多く発生されるようになる為、抗酸化を促すとともにメラニンの発生も抑える必要があります。
その双方の効果が期待されるビタミンは、ビタミンCです。
ビタミンCが多く含まれる食べ物は、レモンやキウイフルーツ、ブロッコリーやオレンジなどです。
主に果物に多く含まれるため、日頃の食生活では果物の摂取も効果的というわけです。