保湿を十分に行い、日焼け用のオイルなどを塗って日焼けをすることが大切です。

保湿をしっかりする

小麦色に焼けた肌は健康的なイメージがありますが、肌荒れや、ボロボロの肌では健康的とは言えません。
日焼け後の小麦肌を、きれいにキープするために一番大切なことは保湿です。


小麦肌の保湿が大切なわけ
肌にはもともと水分の蒸発や刺激から守るバリアー機能があります。 皮脂膜、天然保湿因子、セラミドなどの角質細胞間脂質が肌を守り、紫外線などの刺激から守っていますが、
この成分が不足した状態になると乾燥した状態となります。

バリア機能の失われた肌に紫外線があたると、肌にダメージを与えシミやしわの原因となります。

日焼けをするためには、紫外線に当たることが必要です。
紫外線による害は良く知られていますが、その一つに細胞にダメージを与えるというものがあります。

小麦肌にするために日焼けをする際には、日焼け用の日焼け止めなどを塗ったりしますが、
日焼け止めそのものにも、皮膚の乾燥を招くものがあります。



日焼けをするために皮質効果のある日焼けオイルを使う
保湿は肌のバリアー機能にとても重要です。 小麦色の肌に焼く際に、なにも塗らないで、保護しないことは禁物です。
日焼け用のオイルなどを必ず使うようにしますが、日焼け止めの中には紫外線吸収剤や、紫外線錯乱剤を含んだものがあり
肌に刺激を与えてしまいます。

特に紫外線錯乱剤は、肌の乾燥を招きやすい成分です。
紫外線吸収剤も肌のもともとあるバリアー機能を破壊する刺激の強い成分です。
日焼け止めの指数の高いものの方がより安全という感覚がありますが、実はより紫外線吸収剤が多く含まれており、
肌に対する刺激はより強くなります。

日焼け用のオイルや日焼け止めなどを選ぶ際には、保湿成分が配合されているものを選ぶことが一番簡単な方法です。
保湿成分のないものならば、まず下地に保湿成分を塗ってから、日焼け用のものを塗るという方法もあります。

正しいスキンケアをして、保湿を十分に行った上に、日焼け用のオイルなどを塗って日焼けをするということが大切です。



日焼けをしたアフターケア―にも保湿が重要
日焼けをして日焼け用オイルを洗い流した後、 火照った肌を冷やしその後の肌の手入れをきちんとすることが大切です。

日焼け後専用の化粧水やジェルなどを使いますが、顔のみではなく体全体にも気を使います。
日焼けをしやすい、肩や、デコルテ、肌の露出をする季節ならば露出する部分の肌がぼろぼろでは、
健康的なイメージとは言えません。

アフターケアにも保湿はとても重要です。
皮がむけてくることもありますが、その時にも保湿クリームなどを塗って、痒くなっていてもかきむしらないように気を付けます。