一気に日焼けすると、肌が真っ赤になり、ひりひりして、水ぶくれの様な炎症を起こすことがあります。

一回で焼こうとしない

きれいに焼けた小麦肌になるためには一度に焼かないということが重要です。
小麦肌を手に入れたい気持ちが焦り、一日で小麦肌をゲットしようという焦りは禁物です。



紫外線によるトラブルをさける
紫外線に当たるということは、肌になんらかのトラブルを起こすことが良く知られています。 紫外線のUVBは非常に強いダメージを表皮に与え、皮膚がんや白内障の原因にもなります。

日焼けのをするときに、何もつけていないとトラブルを招きやすいため
まず日焼け用オイルなどで、保湿やUVBの保護を行いつつ、日焼けをすることが大切です。

サンオイルや日焼け止め


日焼けストップのタイミングは、肌が赤くなったときです。

そのまま続けて日焼けをすると真っ赤になって、肌もひりひりしてひどい場合には、水ぶくれの様な炎症も起こしてしまいます。
日陰に入るか衣類などで、紫外線をカットするようにして、それ以上焼かないように気を付けます。

まず火照った肌をひやし、ひりひりしていないようならばいつもの化粧水などでのケアでも充分ですが、出来れば日焼け後用の、
炎症を抑える効果のある化粧水などを使い、十分保湿するように保湿クリームなどを塗っておくことも大切です。

日焼け後専用の薬用成分などを含んだボディジェルなども販売されており、顔だけではなく
デコルテなど、体全体の日焼けにも気を使って、アフターケアをしておくことが大切です。

肌がひりひりした状態ではない場合には、日焼け用のオイルを塗って、
肌を焼くという繰り返しでトラブルがなく日焼けをすることが可能になります。


紫外線



メラニンの形成の為にも一度に焼かない
小麦色の肌の素になるメラニン色素の形成には、紫外線がメラノサイトを刺激し、メラニン色素を作り出すことが大切です。 メラニンが形成されると保護の作用をし、真皮が傷つけないように紫外線をブロックします。

一気に焼いてしまうと、その形成が間に合わず、真皮を傷つけてしまうことがあります。
真皮が傷つくと、肌の老化を招き、たるみなどができてしまいます。
せっかくきれいな小麦色でも、しわのある老化した肌ならば、きれいに焼けたとは言えません。

メラニンの形成と共に、角質も厚くなり肌を保護しようとします。
角質が厚くなると、滑らかな肌にならず、ごわごわした感じになることもあります。
また、紫外線で正常な肌のターンオーバーに狂いが生じることもあるため日焼け後の肌のケアはとても大切です。

肌のターンオーバーを正常にするために、食事内容に気を付け新陳代謝を活発にします。
肌のターンオーバーがちゃんと行われていないと、小麦色の肌もシミの原因となります。

正常なターンオーバーの為には充分な睡眠をとることも大切です。
保湿効果の高い、ナイトクリームなどを使うのも良いでしょう。