ピーリングによる角質ケアの直後は、肌が敏感になっているので日焼けをしないようにしましょう。

キレイに焼くために大切な「古い角質の除去」

海外のセレブのようなきれいな小麦色の肌に焼くためには、その下準備も大切です。
きれいな小麦色の肌に焼くために、まず知っておきたいことが角質のケアです。


日焼け前の角質ケア
夏のバカンスなどで、日焼けをする予定がある場合には、 日焼けをする前にまず角質のケアをしておくことで、きれいな小麦色の肌に日焼けをすることができます。

古い角質が残っているとその場所だけが日焼けで黒くなり、ムラのある日焼けになります。
肌触りもごわごわしたかんじになり、その後の肌のターンオーバーに乱れを生じやすくなります。

古い角質をまず取り除いておくことが大切です。
日焼けをする予定の約1週間前には酵素の配合された、角質ケアの美容液などを使い古い角質を取り除いておきます。
角質を取り除いた後は、充分な保湿をしておくことが大切です。

小麦色の肌は体全体を日焼けすると思いますので
顔だけではなく、できれば体全体に行うのが理想的です。

角質ケアで、ピーリングなどを行うと肌がいつもより敏感になり、保湿力も落ちており
ピーリングなどのすぐ後での日焼けはお勧めできません。

日焼けする当日には、日焼け用のオイルなどで表皮にダメージを与える紫外線のUVBの保護をしておくことも大切です。



日焼け後の角質ケア
日焼けをした後、真っ赤になって炎症を起こすという場合もありえます。 火照っている場合には、火照った肌を冷やします。冷やしたパックの様なものを使うとよいでしょう。

軽いやけどのような状態を起こしていると考えて、炎症を抑えるような日焼け後の専用化粧水などを使い、
炎症を抑えるカーマインローションの様なものを使います。

顔のみのケアではなく、体全体にトラブルのある個所は特に慎重にケアをすることが大切なのです。
肌を露出する機会のある、夏などでは、デコルテもきれいになめらかな小麦色になるように気を付けます。

日焼け後には、肌の防御作用で、角質が増え角質を厚くしようと働きます。
肌の質が荒いようになる場合もありえます。
角質が厚くなると、肌のターンオーバに影響を与え、またいつも使っている化粧水などでも
普段よりも栄養成分が届きにくい状態となってます。

厚くなった角質をとりのぞくような、酵素入りの化粧水などを使うと良いでしょう。

日焼け後の肌は乾燥が進みやすく、また一時的にしわができることもあり、保湿を行うことが大切です。
シートパックのようなもので集中ケアを行いしわなどができないように保湿をしておきます。

皮がはがれる時には、かゆみなどもありますが、かきむしらないようにし、無理にはがさないように注意しましょう。
保湿のクリームなどを塗って、自然にはがれるようにします。

古くなった角質は、肌のターンオーバーが正常な場合には自然と取り除かれますが
紫外線によりターンオーバーの乱れが生じる事もあるので、体の内側から食事内容に気を付け、
肌のターンオーバーを整えるビタミンB群、等の不足に注意し美肌に良いサプリ等を上手に活用するとよいでしょう。