1週間に3回ほどに分けて徐々に焼くことが、きれいな小麦肌になるコツです。

日サロを利用しよう!

小麦肌になりたいけれど、仕事で、バカンスに行けない等といったときには日焼けサロンを上手に使いましょう。
男性は健康的なイメージが仕事にもプラスになるので、よく利用をしています。

日焼けサロンを利用するには、どのような点に注意をすればよいでしょうか。


日焼けサロンの紫外線
日焼けサロンで小麦肌になるためのマシーンの紫外線は、 表皮にダメージを与えるUVBを取り除いた紫外線を照射します。

炎症を起こしにくく、メラニンの発生をするため、小麦肌を安全に手に入れるという方法です。

UVAで日焼けを起こすということですが、UVAは波長が長く真皮にまで到達し細胞にダメージを与える紫外線で、
全く無害というものではありません。
UVAにより、肌の老化が起こり、しわなどになります。

また小麦肌になるために、メラニン色素ができますが、新陳代謝が緩慢になり、肌のターンオーバーが正常に行われないと、シミの原因になりえます。

日焼けサロンでまずよく、説明を聞いてから使用するようにしましょう。




日焼けサロンを利用するうえでの注意点
日焼けサロンを利用する場合には、日焼け用のオイルは忘れないようにしましょう。 紫外線による炎症を起こさないようにするために使用します。
サロンで、どのようなオイルが良いかなど相談されるのもいいアイディアだと思います。

日焼けマシーンは汗をかくことがあります。
せっかく塗ったオイルも、汗で流れ落ちることになるので気を付けるようにします。

日焼けマシーンではただ何もせずにじっとしているのではなく、うつ伏せや、あおむけ、横向けにある等
体にまんべんなく紫外線があたるようにします。



日焼けサロン使用後の注意
日焼けサロンで日焼けをした後、日焼け用オイルをシャワーなどでおとします。 肌が火照っている場合には、速やかに冷やしそのあとに日焼け後専用抗炎症作用のある化粧水を使い
肌の保湿を忘れないようにします。
ビーチなどでの日焼けなどと同じように、アフターケアをすること大切です。



日焼けサロンはどのくらいの回数通うのが良いのか
日焼けサロンで、一気に焼くということは避けなければいけません。
ひりひりするようでは、炎症を起こしているというサインです。
自分でコントロールできるという利点を使い、1週間に3回ほどに分けて徐々に焼くことがきれいな小麦肌になるコツです。