紫外線対策をするということは、皮膚がんの予防でもあるんです。

日焼けと皮膚がん

日焼けが肌にダメージを与えることは広く知られています。
そのため、人々は念入りに日焼け止めクリームを塗ることで対策をするケースが多いです。

しかし、紫外線も肌に悪影響を与えますが、日焼け止めクリームも同様に、肌に良くない効果をもたらすことが懸念されるのです。
今回は、紫外線と日焼け止めが皮膚がんとどのように関係しているのかということを中心に説明していきます。


紫外線と皮膚がんの関係
紫外線を浴びることによって、メラニンが発生します。
このメラニンが発生する理由は、紫外線を吸収しようとするからです。
肌の代謝がいい場合、このようなメラニン色素を肌の外側へと追い出すことができます。
ただし、肌の代謝が悪いと、メラニン色素がいつまでも肌の内部にとどまり続けることになります。
それによって、シミや肌荒れといった症状が引き起こされます。

さらに、紫外線を浴び続けて細胞が破壊されることによって肌の老化が進行していき、
最終的に皮膚がんとなって現れる可能性があるというわけです。
そのため、紫外線対策には力を入れる必要性があるのです。


日焼け止めクリームと皮膚がんの関係
日焼け対策のための日焼け止めクリームは、広く人々に愛用されています。
確かに日焼け止めクリームには、紫外線をカットする紫外線散乱剤等含まれていますが、
その紫外線散乱剤には、酸化亜鉛や酸化チタンが含まれています。
これらの成分は、一種の発がん性物質なのです。

勿論、日焼け止めクリームの種類によって含まれる成分に違いがありますが、紫外線カット機能が強い以上、少なからず悪影響を及ぼす成分も含まれているというわけです。
そのため、重要なことは、紫外線カット効果の強い日焼け止めクリームの過度な使用を控えることです。
現代では日焼けに良いとされる化粧品が数多く販売されているため、使う種類を厳選する必要があります。