日焼けオイルを塗ると、きれいにムラなく日焼けができ、日焼け後の肌の皮もむけにくくなります。

サンオイルや日焼け止めを必ず塗る

小麦色の肌は健康的ですが、肌荒れや、日焼けの為にボロボロの肌では印象が違います。
日焼け前の古い角質の除去も大切ですが、きれいな小麦色に日焼けするための秘訣とはどのようなことがあるのでしょうか。



日焼けのリスクを知っておく
日焼けをして小麦色の肌を楽しむ前に日焼けによるリスクを知っておく必要があります。 紫外線にはA波、B波があり、
  • A波(UVA)は皮膚の中に侵入し細胞にダメージを与え、たるみ、しみなど老化現象をおこし
  • B波(UVB)は皮膚の表面にダメージを与え、火傷の様な炎症を起こし皮膚がんの原因にもなります。



日焼け用オイルとは
日焼けを楽しみたい場合は、日焼け専用のオイルや、ローションを塗るようにします。
サンオイルというと、塗って日焼けをしたら早く黒くなるものという誤解をしている人もいますが、
日焼け用のオイルは主に、B波(UVB)をブロックし皮膚の炎症を防ぐというものです。
紫外線のA波に対してのブロックの作用はあまりないものが多く、日焼けを起こすということになります。

日焼けオイルを塗ることで、きれいにむらなく日焼けをすることが可能となります。
保湿効果もあり、日焼け後の肌の皮もむけにくいようです。

使用方法は、一般的な日焼け止めと同じようにしますが
汗などで取れることもあるため、1~2時間ごとに付け直すようにします。

日焼けで肌が火照るということもありがちですので、冷やしながら日焼けをするのがきれいに日焼けをするコツです。




日焼けのアフターケアに注意
日焼けをした後のアフターケアをいかにするかにより、きれいな小麦肌になることができます。
一番大切なことは日焼けで火照った皮膚を冷やすようにします。
日焼け用のオイルやローションを冷水又はぬる目のシャワーで洗い流した後、日焼け用の化粧水などで十分保湿します。

しばらく日がたつと、皮がむけてきますがその時には、無理にはがさないようにします。
日焼けによっては、かゆくなることがあって、結果無理やり剥がすような形になることもあるので
蒸しタオルなどをあてて、クリームなどを塗って保湿するようにします。