日焼け止めのPAは、UVAを防ぐ指標で、SPFは、UVBを防ぐ指標です。

紫外線の種類「UVA」と「UVB」について知ろう!

太陽から地上に届く光の中で、その波長の違いにより、赤外線可視光線紫外線にまず分けられます。

紫外線はその中でも、波長が長くエネルギーも強い光です。

紫外線はその波長によって違いがあり、UVAUVBUVCがありますが、UVCはオゾン層に吸収されて地上には到達しません。
UVA,UVBはその特徴も異なります。

それぞれの特徴とはどのようなものでしょうか。



UVAとは
UVA(紫外線A波)は地上に届く紫外線の95パーセントを占めています。 UVBに比べると波長が長く、肌にあたると短時間で真皮にまで到達し、コラーゲン線維・エラスチン線維を切断し、
皮膚の細胞にダメージを与え、肌の弾力を失い、しわ・たるみなどをおこし肌の老化などの原因となります。

日焼け止めの指標のPAは、UVAを防御する指数でプラスの数が多いほど防止効果が高くなります。
プラスの数は4段階まであります。

UVAはガラスなども、とおりぬけ室内でも照射されます。
UVAの最も強くなるのは5月ですが一年を通してUVAは降り注ぎ、冬にもその80パーセントは降り注いでいます。



UVBとは
UVB(紫外線B波)は地上に届く紫外線の5パーセトですが、非常に強く影響を与えるため、 短時間で主に表皮を赤くさせ、炎症を起こします。
夏などに起こる日焼けをして真っ赤になる炎症はこのUVBが原因です。

UVBが当たると肌の表皮ではメラノサイトが紫外線から守ろうと働き、メラニンを増殖させます。
日焼けの状態が火傷などの炎症を起こすと、免疫力を低下させます。
皮膚がん、白内障の原因となる紫外線です。

日焼け止めのSPFは、このUVBを防ぐ指標で数値が高いほどその防御力は高くなり50+を上限としています。

UVBの量は季節によって異なり、5月から増加し、6~8月の夏の間に最大となります。



紫外線その他に気を付けたいこと
近年のオゾン層の破壊から本来ならばオゾン層に吸収されていた紫外線がより多く地上に到達するようになりっています。 オゾン層の破壊は世界各地で観測されています。

紫外線は曇りの日でも60~80パーセント地上に到達し、大雨の日でも30パーセントは到達します。
紫外線は反射をし、雪面、水面、等は反射率も高く、日陰でも反射した紫外線を受けることがあります。